「エステギフト券をもらったから」

「エステギフト券をもらったから」

多くの人が脱毛エステに行きはじめるきっかけとなったこと何ですか?
それは「エステギフト券をもらったから」です。

 

エステギフト券とは「その券さえあれば無料で脱毛が受けられる」というものです。

 

しかし脱毛エステサロンはボランティアで経営を行っているわけではありませんので、何の理由もなしに無料のエステギフト券をほかの人に配るようなことはしません。

 

エステギフト券は誰かが正規のエステ費用を事前に払い、プレゼント用として他の人に贈るものです。

 

今は不景気ですので、独身にしても家族にしても、普通の家庭ですとなかなか財布の紐が硬く、脱毛エステ費用として特別費用が出費されることはありません。

 

とくに夫なり、お父さんなり、男性が家計を管理している場合はほぼ家族のエステ費用のために予算が組まれることは夢のまた夢です。

 

そんな理解のないかわいそうな家庭の方でも、脱毛エステへの偉大な突破口となるのが「エステギフト券」なのです。

 

でもエステギフト券を手に入れるためには、何が必要ですか?
そう、誰かに買ってもらわなくてはいけません。

 

どうすれば買ってもらえるのでしょうか?

 

それとなくアピールするのです。

 

何かと誰かが自分にプレゼントしようとするときはあるものです。
大学卒業記念、結婚祝い、誕生日、会社の昇進祝い、結婚記念日の贈り物、子供誕生祝いなどいろいろです。

 

それらの誰かが自分にプレゼントをしてくれる空気を感じたときにそれとなく、「自分は脱毛エステにいきたいけど、かなわないんだよね」というようなことを伝えます。

 

使用するようなこともない置物や、すでに持っているものをもらうよりは、自分が現実的に必要なものをもらったほうがいいでしょう。

 

またそれとなく家族に自分の思いをアピールするためにもこの「エステギフト券」は使えます。

 

誰かにプレゼントをする必要があるときに、こう家族に言うのです。

 

  • 「○○さんはまだ若いし女性だからエステギフト券なんかもらったら絶対うれしいと思うよ。だって私もうれしいもん」

 

家族にそれとなく「自分はわからないけど、この人は脱毛エステに行きたいんだぁ」とわかってもらいましょう。

 

普通の家族であっても他の人への贈り物となれば、5,6万ものお金も捻出されるものです。

 

まずは自分が「脱毛エステ券」を他の人に贈りましょう。
そうすれば他の家族が何かのときに贈ってくれるかもしれません。

 

もしかしたら家族があなたに「エステギフト券をプレゼント」なんていうサプライズがあるかもしれません。


このページの先頭へ戻る